よくある質問

任意売却について

任意売却をすると引越はどうなるのですか?
物件の引渡は通常取引と何等変わりはありません。
任意売却に踏み切って物件を売りに出したからと言って直ぐに出て行く必要はありません。
買主様が見つかり不動産の引渡日が決まるまでは居住して頂いていても大丈夫です!
賃貸中ですが任意売却できますか?
ここ最近多いのが賃貸中の任意売却についてです。基本的には任意売却は出来ます。
しかしながら、賃貸人との交渉が必要であり、また抵当権者の動向次第です。 賃貸人様との退去交渉がデリケートな部分となりますので出来る限り早目の相談下さい。
任意売却は本当に費用がかからないのですか?
はい、任意売却するための貴方が負担する費用はかかりません。
任意売却に伴う仲介手数料や抵当権抹消のための諸費用、また管理費や固定資産税などを滞納している場合の精算・返済など全て代金は、債権者が受け取る売却代金から支払われます。もちろん、相談・調査・金融機関との交渉や不動産の売却のための広告・活動費用も通常の不動産取引同様かかりません。
任意売却後に残債は残るのですか?
任意売却で不動産を売却して、その金額を金融機関に返済したからといって、残りの債務(残債)が全て無くなるわけではありません。(競売で処分された場合でも同じです)残債は金融機関からサービサー(債権回収を専門に行う民間会社)に譲渡され、その後債務者(貴方)はサービサーと返済の交渉を行うこととなります。
ただし残債の返済交渉では、貴方の収入状況や生活状況が十分考慮され、一般的に本来の借入金から大きく圧縮された金額で決着することが多いとお考え下さい。もちろん当社が具体的なアドバイスをさせていただきますので、ご安心下さい。
任意売却とはなんですか?
任意売却とは住宅ローンなどの返済が困難になったときに、債務者(貴方)と債権者(金融機関)との間に不動産仲介業者が入り、競売入札が行われる前に、双方合意のもと不動産を所有者の意志でよりよい条件で任意に売却することです。
住宅ローンを滞納していても任意売却できますか?
はい、できます。但し、住宅ローンの滞納があった場合、最初の1~2ヶ月位までは郵便物や電話などでの督促(通知・通告)があります。(この時期に支払い方法の見直しや任意売却の検討を始めるべきです。)現状のまま住宅ローンを6ヶ月滞納すると、「期限の利益の喪失」となり、債権が金融機関から保証会社に移行し(住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)や一般銀行の場合は、早ければ3ヶ月で処理されるケースもあります)競売の申立て~競売開始決定と進んでいきます。
競売になるとどうなるのですか?
裁判所より「競売開始決定通知書」が届き、裁判所の執行官による現況調査(写真撮影等)が行われます。その後裁判所で情報の公開が行われ、新聞やインターネットに情報が掲載されます。 中には競売情報を見た不動産会社が写真撮影を行ったり、突然訪問してきたりするケースもあります。ひどい場合は、「格安売物件!お急ぎ下さい!」のような内容のチラシを勝手に作成して、マンションのポストに投函する業者もいます。このように競売になると必ずと言っていいほどご近所に知れ渡り、プライバシーも守られず精神的な負担が大きくなります。競売の場合には債権者との残債務の相談は全く不可能ですし、もちろん引越代なども出ません。また裁判所からの明渡し命令などで必ず退去させられます。

一般競売について

競売になるとどうなるのですか?
裁判所より「競売開始決定通知書」が届き、裁判所の執行官による現況調査(写真撮影等)が行われます。その後裁判所で情報の公開が行われ、新聞やインターネットに情報が掲載されます。 中には競売情報を見た不動産会社が写真撮影を行ったり、突然訪問してきたりするケースもあります。ひどい場合は、「格安売物件!お急ぎ下さい!」のような内容のチラシを勝手に作成して、マンションのポストに投函する業者もいます。このように競売になると必ずと言っていいほどご近所に知れ渡り、プライバシーも守られず精神的な負担が大きくなります。競売の場合には債権者との残債務の相談は全く不可能ですし、もちろん引越代なども出ません。また裁判所からの明渡し命令などで必ず退去させられます。